ダイビングログ2009年12
↓バックナンバーはこちら↓

水中生物の写真をCLICKすると大きな画像で観られます
アンダーラインのある生物名をCLICKすると画像が観られます

12月31日(木)

菖蒲沢 モングチ/ポイントM/ビーチ

天候:晴れ 気温:8℃ 水温:15.9〜15.5℃ 透明度:18〜10m

観られた生物:ドチザメ、トラウツボ、ベニカエルアンコウ、メバル、ホウボウ、 キビナゴ、メジナ、ブダイ、オヤビッチャ、ヒメギンポ、ベニツケギンポ、トウシマコケギンポver.12)、コケギンポの仲間、アカメフグ、イソギンチャクモエビ、 オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミキイロウミコチョウヒロウミウシコトヒメウミウシゴマフビロードウミウシ(写真)、コモンウミウシ、キイロウミウシジボガウミウシ、コモンウミウシ、ヒメコモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、 シラユキウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、サジマオトメウミウシミチヨミノウミウシスミゾメミノウミウシヒラムシの仲間ver.12など

  ゴマフビロードウミウシ

コメント:2009年最後のダイビングはあいにくの冬型の気圧配置、大西CLOSEで菖蒲沢に移動しました 西伊豆とはうって変わってべた凪の絶好のコンディションでした 2ボート1ビーチの3ダイブでしたが今回もたくさんの生物が見られましたよ! 特にキイロウミコチョウは大発生 5個体目までは紹介したのですがそれ以降はスルーしました(笑) 今年のDSエグザイルにお越し下さいました皆様、本当にありがとうございました 来年も安全第一をモットーに生物、地形、アドベンチャーなど雲見を中心に海の魅力を少しで皆様にお伝えできるよう努力致します 皆様にとっても2010年が素晴らしい1年になりますように

12月30日(水)

雲見 三競/牛着岩

天候:晴れ 気温:12℃ 水温:16.4〜16.2℃ 透明度:10m

観られた生物:トラウツボ、クマドリカエルアンコウ、アマクサヨウジ、ノコギリヨウジ、 キビナゴ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、コロダイ、イシダイ、メジナ、コブダイyg、ブダイ、ミツボシクロスズメダイyg、ミヤケテグリyg、ヒメギンポ、ニジギンポ、コケギンポの仲間、ガラスハゼオキナワベニハゼ、コクテンベンケイハゼ、ムスメウシノシタ、ムチカラマツエビ、アカホシカクレエビ、アカスジカクレエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビマルツノガニナマコマルガザミヒロウミウシヤグルマウミウシ(写真)、イシガキウミウシ、イガグリウミウシ、ニシキウミウシオセロウミウシ、コモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、センテンイロウミウシ、リュウモンイロウミウシキカモヨウウミウシ、キイロイボウミウシ、ミノウミウシの仲間、テンロクケボリなど

  ヤグルマウミウシ

コメント:お天気、凪に恵まれ雲見ファイナルを飾るのに素晴らしいコンディションに恵まれました と、いうことでガッツリ4本フォトダイブをしてきました 1ダイブ目はクマドリカエルアンコウの登場で今、一番ホットな三競へ しつこく×2フォト&ウォッチしてきました それにしてもとても小さくて可愛い個体です 2ダイブ目は小牛まわりでミヤケテグリやエビカニの仲間を中心にご案内しました 3ダイブ目は大牛周辺でオセロウミウに会いに行きました エキジット後、なんと小牛でコンシボリガイの目撃情報がっ! 4ダイブ目は予定の三競をキャンセルし小牛横へ 足の速いウミウシだけにタッチの差で見つけることができませんでした、、、 明日は冬の嵐の予報 東伊豆に移動して2009年のファイナルを楽しんできます!

12月27日(日)

雲見 三競/牛着岩

天候:晴れ→曇り 気温:14℃ 水温:16.6〜16.5℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:ウツボ、クマドリカエルアンコウ、ノコギリヨウジ、キビナゴ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、ナンヨウカイワリ、マアジ、イサキ、メジナ、オキゴンベミツボシクロスズメダイyg、アイゴ、ニザダイ、ミヤケテグリヤマドリヒメギンポ、ニジギンポ、ハシナガウバウオガラスハゼ、オキナワベニハゼ、イチモンジハゼ、コクテンベンケイハゼ、アオリイカ、ムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビアカスジカクレエビ、オルトマンワラエビ、マルツノガニ、ベニツケガニ、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、ニシキウミウシコモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシサラサウミウシシロハナガサウミウシ、ミチヨミノウミウシ、セロガタケボリなど

  クマドリカエルアンコウ

コメント:いや〜、今シーズンも出ましたぁクマドリカエルアンコウっ! 何と今回は三競に登場しました 前日、クマドリが出たとの情報を元に三競1番からエントリー いました×2、とっても小さな個体です 雲見ではクマドリカエルアンコウを過去、牛着岩エリアでしか見たことがなかったので三競でも見られるといういい経験になりました それにしても普段、全くガイドコースに入っていないエリアでした、、、 5番ではツバメウオ若魚5個体の群れが戻っていたとのこと ミヤケテグリやハシナガウバウオ、ナンヨウカイワリも見られました このところの西風で水温が下がりましたが生物的にはここに来てさらに盛り上がってきましたよ〜 1日でも長く見られるといいですね 2009年はもう潜り納めしちゃった方もこの機会に是非、遊びにきませんか?

12月24日(木)

雲見 牛着岩

天候:曇り 気温:15℃ 水温:17.1℃ 透明度:8〜6m

観られた生物:トラウツボ、ノコギリヨウジ、オニカサゴ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、マダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、テングダイ、イシダイ、メジナ、アイゴ、ホンソメワケベラ、スズメダイ、ニザダイ、ミヤケテグリ(ver.12動画)、ヒメギンポコケギンポの仲間ハシナガウバウオ(写真)ガラスハゼ、コクテンベンケイハゼ、ムスメウシノシタムチカラマツエビアカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、アカスジカクレエビ、オルトマンワラエビ、ベニツケガニ、ヒロウミウシニシキウミウシ、アオウミウシなど

  ハシナガウバウオ

コメント:先週吹き荒れた西風がおさまり昨日から穏やかなコンディションが戻ってきました さすがにこれだけ西風が続くと水温も若干、下降しました 潮色も下がりましたが、穏やかなコンディションが続けば回復すると思います 今日は久し振りにハシナガウバウオ (写真)を見ることができました! 普段はガンガゼの針やウミシダの触手などの間に隠れていて撮影しづらいのですが、たまたま何の障害物も無いところにいました 動きがユーモラスでとっても可愛いですよ ミヤケテグリの幼魚は本日、2個体GETしました 海況不良で先週末は東伊豆を潜っていましたが、やっぱり雲見は落ち着きますね〜 年末年始も営業していますので潜り納め、潜り初めに是非いらして下さいね!

12月20日(日)

菖蒲沢 ポイントM/ビーチ

天候:曇り 気温:8℃ 水温:18.7〜18.6℃ 透明度:15m

観られた生物:ドチザメ、ベニカエルアンコウ(写真)、イタチウオ、ミノカサゴ、メバル、メジナ、カゴカキダイ、ブダイ、オヤビッチャ、ヒメギンポ、トウシマコケギンポ、アライソコケギンポ、ヒメユリハゼyg、カワハギ、コウイカの仲間、イソギンチャクモエビ、イセエビ、キイロウミコチョウハナミドリガイイソウミウシ属の仲間、キイロウミウシ、ジボガウミウシアオウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシフリエリイボウミウシコガネミノウミウシなど

  ベニカエルアンコウ

コメント:今週末は西風に泣かされました、、、 と、言うことでまたまた菖蒲沢に行ってきました ポイントは前日と同じです ダイビングサービスより黄色いベニカエルアンコウの情報をGET 久し振りにカエルアンコウの仲間とご対面しました 一体どれくらい見ていないかLOGを振り返ったところ、最後に見たのは何と10月17日 つまり2ヶ月以上見ていませんでした 雲見ではカエルアンコウの仲間は比較的、多く見られるのですがどうしちゃったんでしょうね 冬型の気圧配置が緩んで雲見OPENになったらがっちり探そうと思います 本日もキイロウミコチョウやコガネミノウミウシなど雲見ではあまり見られないウミウシが登場 東伊豆では普通に見られるそうですが、初めてジボガウミウシと出会いました 雲見では見たことがないのでちょっぴり嬉しかったですね〜 早くダンゴウオ、出ないですかね 今冬はダンゴウオに会いにガンガン菖蒲沢を潜りますのでリクエストして下さいね!

12月19日(土)

菖蒲沢 ポイントM/ビーチ

天候:曇り 気温:9℃ 水温:18.7〜18.6℃ 透明度:15m

観られた生物:ドチザメ、イタチウオ、キビナゴ、メジナ、ブダイ、オヤビッチャ、ヒメギンポ、コケギンポの仲間ハコフグygコウイカの仲間イソギンチャクモエビイセエビキイロウミコチョウ、スイートジェリーミドリガイ、ミアミラウミウシ幼体(写真)キイロウミウシver.1ver.2)、アオウミウシ、サラサウミウシ、シラユキウミウシ、リュウモンイロウミウシ、コイボウミウシキイロイボウミウシ、フリエリイボウミウシ、ミチヨミノウミウシ、コガネミノウミウシなど

  ミアミラウミウシ幼体

コメント:引き続き冬型の気圧配置で大西が吹きました 雲見はもちろんCLOSE、、、 田子湾内はOPENしていましたが、足を伸ばしてさらにコンディションの良い菖蒲沢に移動しました 約1時間、車を走らせ到着してみると案の定、穏やかな素晴らしい海況でした ビーチではレスキューコースのシナリオ、ボートポイントではファンダイブを催行しました ボートポイントのポイントMは水深が浅めで切り立った岩肌が水路のような地形 つまりウミウシが好きそうなロケーションです 思ったとおりキイロウミコチョウを始め、色々なウミウシの仲間が見られました 午後は講習を行ったビーチでもファンダイブを実施しました ビーチ奥の水路ではコガネミノウミウシや見出し写真のミアミラウミウシの幼体が見られました!

12月18日(金)

レスキュー講習 プールダイブ

天候:晴れ 気温:8℃ 水温:-℃ 透明度:-m

観られた生物:-など

  講習風景

コメント:西高東低の典型的な冬型の気圧配置 大西が吹き荒れ、西伊豆のダイビング・ポイントは軒並みCLOSEする中、河津のダイビングプールでレスキューダイバーコースの初日です 山間にあるため風も無く、温泉を利用した温水プールなので温かく快適な講習ができました オフシーズンの平日ということで貸切でじっくりトレーニングができました プールの脇を流れる谷津川は幼少の頃、名物のズガニ(モクズガニ)をよく獲りました 夕方、モジリを仕掛け早朝に揚げに行くのですが当時、多いときは1つのモジリに10枚以上のズガニが入っていました 大水が出たときに上流の養魚場から逃げたティラピアという魚が自然繁殖していて、タモを片手にこの川で一日中遊んだのを思い出し、懐かしさを憶えました

12月15日(火)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:10℃ 水温:20.2〜20.1℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ウツボ、オニカサゴ、キビナゴ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、クロホシイシモチ、ネンブツダイ、イナダ、マアジ、イサキ、コロダイ、マダイミヤケテグリ動画イソギンポ(写真)コケギンポの仲間ガラスハゼ、シマウミスズメ、ムスメウシノシタ、アオリイカムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクエビイソギンチャクモエビアカスジカクレエビ、オルトマンワラエビ、マルツノガニナマコマルガザミヒロウミウシニシキウミウシオセロウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ミチヨミノウミウシトラフケボリ、ベニキヌヅツミ、ホシキヌタなど

  イソギンポ

コメント:12月らしい肌寒い一日でした 1ダイブ目は牛着岩の沖合いからエントリーして小牛をまわりました 前日吹いた西風の影響か若干、水温は下がりましたが依然いいコンディションが続いています シマキッカイソギンチャクやグビジンイソギンチャクではアカホシカクレエビやイソギンチャクモエビが数多く見られました 季節モノのミヤケテグリの幼魚も同じエリアにいました 動きがとても可愛らしいので思わず動画で撮影しました 2ダイブ目は大牛洞窟前から根づたいに移動しました -16mアーチ付近の大牛のカドではここ数日、キビナゴの群れがたまっていてそこにイナダの群れがアタックをかけていました 本日の1枚はイソギンポです 湾内ブイの水深-5mの浮き玉で見られます

12月13日(日)

雲見 牛着岩/三競/黒崎

天候:晴れ 気温:14℃ 水温:21.2〜20.6℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:トラウツボ、ノコギリヨウジ、イタチウオ、ミノカサゴ、キビナゴ、キンギョハナダイ、イナダ、カンパチ、ネンブツダイ、サクラテンジクダイ、イサキ、テングダイ、イシダイ、カゴカキダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、ツノダシ、ミヤケテグリ、ヒメギンポ、テンクロスジギンポ、ニジギンポ、トウシマコケギンポ、コケギンポの仲間、オキナワベニハゼ(写真)、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビオトヒメエビ、オルトマンワラエビ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、トラフケボリなど

 オキナワベニハゼ 

コメント:12月らしからぬ暖かい1日でした 前日に続き本日も4ダイブ、ガッツリ潜ってきました 1ダイブ目は牛着岩の沖合いからエントリーして-24mアーチ、-26mアーチ、そしてグンカンへ 潮色がいいのでワイドな雲見を堪能しました 2ダイブ目は小牛を1周まわりました 小さなウミクシや甲殻類を中心にじっくりのんびり このところお気に入りのミヤケテグリもGETしました 3ダイブ目は黒崎で地形ダイブを楽しみました 牛着岩、三競とは違ったロケーションで魚影も濃いので是非、リクエストして下さいね ラスト4ダイブ目は三競を潜りました いつもとは逆ルートで5番洞窟から2番洞窟を流しました 本日の1枚はオキナワベニハゼ 背景のグリーンがオレンジのボディを引き立てますね

12月12日(土)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:18℃ 水温:20.7〜20.6℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:トラウツボ、イタチウオ、マツカサウオ、キビナゴ、クロホシイシモチ、サクラテンジクダイイナダ、マダイ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、キンメモドキ、ツマグロハタンポ、タスジウミシダウバウオミヤケテグリ、ニジギンポ、トウシマコケギンポ、ガラスハゼ、アオサハギ、ハリセンボン、ムスメウシノシタ、アオリイカ、コウイカの仲間ウミウシカクレエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビアカスジカクレエビ(写真)アカシマシラヒゲエビ動画)、ヒメセミエビ、オルトマンワラエビ、ナマコマルガザミニシキウミウシオセロウミウシ、アオウミウシ、シロタスキウミウシシロハナガサウミウシサキシマミノウミウシアカヒトデヤドリニナ、ホシキヌタなど

  アカスジカクレエビ

コメント:一週間振りの雲見、お天気と凪に恵まれ絶好のダイビング日和になりました さすがにこの時期になるとダイバーの数は減ってきましたが水温は先週よりやや上昇し、まだまだいい時期が続いています!冬眠するのはもったいないですよ〜 さて今日はマンツーマンで牛着岩のみガッツリ4ダイブしてきました 1ダイブ目は-24mアーチ、たて穴、三角穴などスタンダードなコース取りで地形を楽しみました 2ダイブ目はグンカン〜コブ根など沖合いを散策 グンカンのアーチ?にキンメモドキがグッチャリ群れていました 3ダイブ目は小牛の洞窟を絡めて小牛を一周しました 中層にはマアジとイサキの群れ、岩の裂け目には先週GETしたミヤケテグリygがいました ラスト4ダイブ目は大牛洞窟から-16mアーチへ キビナゴの群れにイナダがアタックをかけるシーンは圧巻でしたよ!

12月6日(日)

田子 白崎bP/白崎bQ

天候:雨 気温:16℃ 水温:20.1〜19.7℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ウツボ、アオヤガラ、オニカサゴ、ミノカサゴ、メバル、トノサマダイyg、イトヒキベラ、ミツボシクロスズメダイyg、ソラスズメダイ、イチモンジハゼ、チャガラ、ヒトデヤドリエビ、イソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビ、オルトマンワラエビナマコマルガザミイガグリウミウシニシキウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシな ど

  ミノカサゴ

コメント:お天気は回復しましたが冬型の気圧配置で西風ビュービューになり残念ながら雲見はCLOSE、田子湾内に移動しました 時間が経つにつれて風が強まり弁天島も厳しい状態に、、、 ということで白崎を2ダイブしました 1ダイブ目は白崎bPへ とにかく透明度が素晴らしかったです 内湾のため透明度が今ひとつのイメージがある白崎ですが、スコーンと真っ青にぬけていました 2ダイブ目は白崎bQへ とにかく透明度がいいのでヒメエダミドリイシ(エダサンゴ)の群生地をワイコンで撮影していただきました エダサンゴにソラスズメダイやトノサマダイなどキレイな彩の魚達、そして太陽光と南の海を思わせるロケーションでした エダサンゴの近くにいたオオアカヒトデにはヒトデヤドリエビがワラワラと付いていました

12月5日(土)

雲見 牛着岩/三競〜牛着岩

天候:雨 気温:12℃ 水温:19.6〜19.4℃ 透明度:15〜12m

観られた生物:ハナタツ、ノコギリヨウジ、アオヤガラ、キビナゴ、イナダ、カンパチ、マアジ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイ、 クマノミ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、ミヤケテグリ(写真)、ガラスハゼ、 コクテンベンケイハゼ、アオリイカ、マダコ、ウミウシカクレエビアカホシカクレエビ、イソギンチャクエビ、 ヒメイソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、アカスジカクレエビ、 アカシマシラヒゲエビ、ナマコマルガザミ、ヒロウミウシ、ニシキウミウシ、キイロウミウシ、アオウミウシ、 シロハナガサウミウシ、ミチヨミノウミウシな ど

  ミヤケテグリ

コメント:冷たい雨が降りしきるあいにくのお天気でしたが海況は上々でした 潮色良く魚影がとても濃かったです 1ダイブ目、潜降中にイナダとカンパチが混泳している群れに遭遇 甲殻類やウミウシの仲間を観察しました 2ダイブ目は大牛付近を潜りました キイロウミウシやアカシマシラヒゲエビなどが見られました エキジット後、倉嶋チームはミヤケテグリ2個体とウミウシカクレエビを目撃したとのこと 3ダイブ目は三競リクエストでしたが急遽、三競5番洞窟付近のツバメウオを見た後、牛着岩に移動することにしました 直前に三競を潜ったパーティはツバメウオの群れが見られたようですが、我々が入ったときには残念ながらみられませんでした ただ、牛着岩ではミヤケテグリの極小個体ととても大きなウミウシカクレエビが見られました!

12月4日(金)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:18℃ 水温:19.9℃ 透明度:20〜15m

観られた生物:ウツボ、ハナタツホソウミヤッコ、キビナゴ、オオモンハタ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、イナダ、カンパチ、マアジ、イサキ、コロダイ、テンス動画)、コブダイ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、ウイゴンベ、ニザダイ、ヒメギンポニジギンポコケギンポの仲間ガラスハゼ、アオサハギ、ムスメウシノシタ、コウイカの仲間ver.12)、マダコ、ヒトデヤドリエビ(写真)ムチカラマツエビアカホシカクレエビアカスジカクレエビイソギンチャクモエビ動画)、ヒロウミウシニシキウミウシオセロウミウシ、コモンウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、コイボウミウシハクセンミノウミウシ、ミチヨミノウミウシなど

  ヒトデヤドリエビ

コメント:12月とは思えない穏やかな陽気、素晴らしいコンディションに恵まれました 週末に向けスタッフ倉嶋とリサーチで潜りました 1ダイブ目は牛着岩の沖合いからエントリーし-24mアーチ付近から小牛を回りました 潮色抜群っ! 魚影も濃くワイド派にはオススメです 小牛の手前ではキビナゴの大群にイナダの群れが猛然とアタック いや〜、迫力ありました イナダの中にカンパチの姿もチラホラ見かけました 2ダイブ目は大牛洞窟前からエントリー ウミウシの姿も少しづつ増え始めてきました まだまだサイズは小さいのですがオセロウミウシやコモンウミウシなどが見られました 大牛側の砂地ではテンスygを発見 同じエリアをフラフラしていますので明日も探してみます 本日の1枚はヒトデヤドリエビ アカヒトデを宿主にしていました バルタン星人に似てると思いませんか?

12月2日(水)

雲見 牛着岩

天候:晴れ 気温:17℃ 水温:20.3℃ 透明度:15m

観られた生物:ウツボ、ハナタツ、アオヤガラ、キビナゴ、コクチフサカサゴ、クエ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、ムツ、マアジ、イサキ、コロダイ、マダイ、イシダイ、テングダイ、カゴカキダイ、ホンソメワケベラ、ブダイ、ミツボシクロスズメダイyg、スズメダイ、キンメモドキ、アイゴ、ニザダイ、ヒメギンポ、コケギンポの仲間ガラスハゼver.12)、ムスメウシノシタ、ウミウシカクレエビムチカラマツエビアカホシカクレエビイソギンチャクモエビアカスジカクレエビ、ナマコマルガザミ、ニシキウミウシ、アオウミウシなど

  ウミウシカクレエビ

コメント:早いものでもう師走、2009年も今月でおしまいです さて海のほうはというと引き続き素晴らしいコンディションが続いています 本日は週末の準備でリサーチダイブだったのですが先週末に撮影できなかったウミウシカクレエビをガッチリ押さえてきました 前回はペアで見られたのですが本日はなぜか1個体しか見られませんでした、、、 白地に橙色、そして紫色の脚というカラーリングは実に美しいですね 週末も見られるといいですね 居着きのクチビルに特徴のある大きなクエは小牛の洞窟の沖側の根の上でホンソメワケベラに気持ち良さそうにクリーニングされていました -24mアーチかこの根のどちらかでよく目撃されています ところで今シーズンの雲見は季節来遊魚が少ないような気がします ちなみに昨年の12月はフリソデエビ、ニシキフウライウオ、カミソリウオ、クダゴンベが見られてます 今後に期待しましょう!

 

▲ページのトップへ戻る

COPYRIGHT (C) 2002〜  DIVE STORE EXILES ALL RIGHTS RESERVED